かんたんにできるリスクを抑える投資方法

海外投資に限らず、投資をする金融商品い関しては投資している過程をしっかり検証していくことが大切です。過去の実績はもとよりも、結果が出るまでのプロセスはとても大事なので、些細なことであっても検証は行うべきです。

リスクを分散するための方法、ドルコスト平均法という投資方法があります。これはリスクを最小限にし、収益を上げる投資方法です。海外投資ではよくおこなわれる投資方法です。

具体的に投資信託や外貨預金、株式、金融商品に対して一定金額でコンスタンスに継続的な購入をすることで価格の変動リスクを分散します。

ドルコスト平均法で投資を行うことで得られるメリットとしては、投資する商品価格の変動を標準化します。たとえば日々刻々と価格が上下するファンドを購入した場合、一括で購入するといつ購入すべきかどうかを躊躇してしまうものです。しかし、毎月の積立てで購入するのであれば、相場の変動に踊らされずに済みますので、金融不安に煽られることもありません。

同じだけ資金があって一括で大金使って投資を行うよりも、10%の金額を10回に分けて検証しながら投資をすることで遥かに安全性は高いですし、途中で商品価格が下落しても最終的に利益がプラスに転じることもありますので、メリットがとても大きいのです。

金融機関の真実について詳しく知りたい方が読むべき記事

Posted in 投資全般 by admin at 10月 3rd, 2014.

Leave a Reply